セイコーラック 補修時の特定方法

セイコーラックのラインアップ

セイコーラックは大きくSRC型とSRNシリーズ(SRN700・SRN600・SRN300)に分類できます。
販売終了品を含めたラインアップは以下のようになっております。

SRC型現行品・マイナーチェンジ二回
SRN700型現行品
SRN600型2012年販売終了・補修部品対応
SRN300型2010年販売終了・補修部品対応

セイコーラックの補修には
1. SRC型かSRNシリーズの特定
2. アーム長さやアオリブラケットの特定
が必要です。

SRC型とSRNシリーズの見分け方

まずSRC型かSRNシリーズかを特定します。
ASSY番号やアームAの形状で特定することができます。

SRC型SRNシリーズ
(SRN700型・SRN600型・SRN300型)
ASSY番号
48◯◯◯
49◯◯◯

H05-04◯◯◯
H05-05◯◯◯
GA◯◯-◯◯◯◯◯
GB◯◯-◯◯◯◯◯
アームA形状長穴あり(幅50mm or 60mm)
もしくは
フラット(幅60mm)

プレスしぼり(幅40mm or 50mm)

特定チェックシート/品番表

次にアーム長さやアオリブラケットを特定します。
特定チェックシートに記入していただき、下記までご連絡ください。
*なお、SRC型とSRNシリーズで特定チェックシートが異なりますのでご注意ください。

車輌部品事業部

FAX03-3792-5716
Maillift-eigyou@j-seiko.com

パーツリスト/部品表